吹き溜まり

ただ思いの丈をぶつけてるだけの日記である。

推しの結婚について

クリスマスなのに体調崩してしまったアホがここにいます。

 

体調悪いときに振り返す過去のトラウマ

 

そう自担の結婚です。

 

 

わたし長年オタクやっております。

長年やっておりますと、オタクの酸っぱさも甘さも存じております。

 

でもね、自担の結婚だけは苦さしかありません。

 

アイドル追っかけてる身としてはアイドルの結婚はいつも考えさせられます。

 

アイドル問わず、誰かの応援で成り立つステージに立つ人間を好きになるということ。

 

わたしの昔の推しもそういうステージに立つ人でした。もちろんずっと応援していきたいと思ってました。

 

でもね、ある日突然結婚しちゃいました。

 

人気も出てライブも常に満席でまさに順風満帆な時期でした。

 

わたしは結婚したことを同じ推しの友達から聞きました。彼女が泣きながら彼が結婚したとわたしに電話で伝えてきました。

 

世界が崩れ落ちるんです。

 

ほんとに私は膝から崩れ落ちました。

 

もちろん自担の結婚を祝福してくれるファンも大勢いらっしゃいます。

 

自分の大好きな人の幸せはわたしの幸せです。

 

自分の推しには世界一幸せでいてほしいと思います。

 

でもね、結婚だけは別。

そう思ってるファンだっているのです。

 

オタクの気持ちを推しにわかってほしいなんてこれっぽっちも思ってるわけではないんです。

 

 

好きな人の幸せを何故素直に喜べないのか。

そんなの私がわたしに聞きたい。

 

でも素直におめでとうと喜んであげれない。

そんな自分がいます。

 

今はもう随分と時間もたち、たまに彼の活躍をうかがい知ることもあります。

 

でも、結局彼が結婚したことへの気持ちは消化不良のまま。

 

消化不良をひきづったまま心の奥底に追いやって

 

ずっとあの世界が崩れ落ちる恐怖は忘れてはいない。

 

 

今わたしが応援しているジャンルは「アイドル」

 

昔の推し以上に夢見てます。夢もらってます。

 

そんな彼らが結婚したら。

 

 

 

 

 

正直な気持ちを言えば 「絶対イヤ!」

 

痛いヤツとお思いになる方も大勢いらっしゃるでしょう。

 

いい歳こいた大人がなに言ってるんだと思ってらっしゃるでしょう。

 

でもね、誰がなんて言おうとダメなもんはダメなんです。

 

そんなのファンじゃない。と言う方もいらっしゃるでしょう。

 

でもね、これは敢えて言わせて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 

おまえとわたしは違うんじゃっ!

 

 

 

 

 

 

 

誰かを好きなるということ。

愛し方は人それぞれちがいます。

 

みんながみんな推しの結婚を祝福できる訳ではないんです。

 

だったらいつだったらいいのか。

いつのタイミングで推しが結婚したら祝福できるのか。

 

アイドルじゃなかったらいいのか。

 

 

…んなもん、こっちが知りたい。

 

 

アイドルだって推しだって生きてます。

彼には彼の人生がある。

 

そんなもん、わかってます。

 

 

 

幸せになる権利はあります。

アイドルが結婚したらいけないという法律もありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも結婚だけは、嫌。

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな気持ちをずっと持ち続けながら応援してる。

 

 

なら、もし仮に今推しが結婚したら

どういうタイミングで報告を受けたら納得するのか。祝福できるのか。

 

 

答えは

 

 

 

「わたしだけがわからないように、知らないようにして」

 

 

 

 

 

 

今もそれしか出てきません。

 

 

 

 

 

 

イタイよね、わたし。知ってる。

 

でもね、好きなカタチはそれぞれ違うの。

わたしは推しの結婚を祝福できる愛し方を知らないの。

 

 

 

 

 

正直、今の推しに何があっても受け止める覚悟はできてる。

 

彼らが決めたことには全力で応援しようと思う。

 

永遠に片想いでいい。

別に自分と推しが付き合えるなんて

これっぽっちも思わないし

アイドルにリアルなんか1ミリもいらない。

 

 

 

 

 

でもさ、お願い。

結婚だけはしないで。

 

 

お願いだからずっと好きでいさせて。

 

 

 

 

勝手なワガママだとわかってます。

 

 

推しだっていつかは結婚するかもしれない。

知ってるー。わかってるー。

 

でもさ、だからさ、言わせてよ。

 

 

 

推しの結婚を心から祝福できる。

ごめん、わたしはそんな風には出来てない。

今はまだ。

 

 

 

 

君が隣にいた冬

12月16日(土) KinKi Kids 東京ドームに行ってきました。

 

オープニングからアンコールまで泣いてたコンサートは初めてでした。

 

最初の1曲目は唯々KinKi Kidsが歌っている。

2人で歌っている。

光一の隣で剛が歌っている。

 

もう、それだけがとっても尊いものでした。

 

ここからはわたしの私感ですので色々違う感じ方したかたもいらっしゃるかもしれませんが

 

 

ずっと、剛が歌っている姿が儚くて。

儚いんだけど強い何かを感じる、だけど今にも壊れそうで…

 

多分、上手く音が聞こえてないんじゃないかな。という場面もありましたし

 

でもね、歌っているですよ剛さん。

音が聞こえてないんじゃないかなという場面でも綺麗に歌っているんです。

 

「無理してそれでも立ちたい場所、過したい時間がある」つよしが昨日言った想い、重み。

 

何もできないけど、そうとつよしが決めたなら見守っていきたい。

 

 

 心配はつきないし、ついつい過保護な気持ちになっちゃうかもしれない。

つよが泣いたらわたしも泣いちゃう。

 

でも、つよしが光一の横で歌いステージに立つと決めたなら全力で応援する。

 

励ましの言葉なんてかけれないなら

ただただKinKi Kidsを想って祈ってありったけの愛を送りたい。

 

そう感じた愛と涙があふれて止まらないコンサートでした。

 

 そして、光一の愛がとても大きく優しく剛を包んでいるように感じました。

 

愛がわからないわたしは人をまともに愛したことがありません。人を愛すること、愛する人と歩んでいくこと。わたし自身には経験がない。

 

でも人が愛を求め愛を返し愛する人としあわせに笑うこと。

 

今回のコンで感じた、これが愛なんだ。って

 

 

今年の夏はハプニングだらけ 君がとなりにいなくて あなたはどこかいつもと違う。悲しい想いもした。

 

でも、コンサートで感じた

KinKi Kidsのプライドと

堂本剛堂本光一KinKi Kidsである。

ということ。

 

2人が奏でるメロディーはとても愛に満ちてたしあわせな音符のwaltzでした。

 

 

東京ドームの客席で

ハンカチ握りしめて流したわたしの涙は

貴いつよい光をさす方へささげる祈りに似た気持ちでした。

 

 

You are my God

 

 

君がとなりにいなかった夏。が過ぎ

君がとなりにいた冬。は神々しい光と

素晴らしい音楽に満ちて愛に溢れた真ん中に

 

わたしの神さまがそこにいました。

 

 

広告を非表示にする

お湯を注いで自分固まる。

実はこのところKinKiのこと大好きなのにモヤモヤがとれない日々に悶々としてました。

 

わたしはKinKi Kidsは(S)がいちばん大事なファンです。

 

光ちゃんとつよが幸せなのがなにより幸せなんです。

 

でも、このところずっと私のかわいいかわいいつよちゃんにずっとモヤモヤが取れなかった。

 

何に対して?うーん。ソロイベントの色々とかなんやかんやかな。(なんやかんやはなんやかんやです。)

 

私はアイドルには正統派を求めるタイプだし、アイドルらしい発言、言動を求めてます。

 

でも、つよちゃんはずっと独自路線を行くアイドルじゃない?

 

性別:堂本 剛 なら アイドルとしても堂本 剛は堂本 剛なんですよね。

 

当たり前だと思ってたことなのに、色々当たり前とは思えなくなってきてました。

 

その反面、光ちゃんだけが私が理想とする正統派アイドルに思えてきちゃって

 

なんで、つよは?なんで?どうして?って思うようになってきてた。

 

光ちゃんだけを愛するようになれば楽になるのか。いや、それだけはできない。でも、うーん。うーん。。

 

愛してるのにモヤモヤするって自分で自分が訳わかんないし、でも嫌いになれないし。。。

 

相談した友人から「あなたは病んでおる!」と宣言されちゃうし(笑)

 

 

つよちゃんをかわいいと愛してると思って好きになったのはわたしなのに

 

なんでこんなことになってしまったのか。

 

ずっとずっとメンヘラしてました。

 

 

 

 

 

 

実は今朝、自分の手に熱湯がかかり

大火傷を負いました。

 

痛いのなんの、激痛です。

朝イチ病院に行くも、診察は1時間半待ち。

 

痛いの、とにかく痛いの!

泣いてるくらい手がえらいことなってる!

早よ、診察せんかいっ、このボケェ!

と悪態吐いてヤカラ言いたくなるくらいに

痛いの、めちゃ痛いんやて。

 

 

そう、痛すぎて、

診察終えて包帯ぐるぐる巻きになった

自分の手を見て

 

憑き物がなんだか落ちました。

 

 

 

 

 

 

アホらし、自分。

 

 

 

 

 

つよちゃんのなんやかんやは考えたってしょうがないじゃん。

 

受け止めなくてもいいじゃん。

わたし、光ちゃんじゃないし

 

もうなんやかんや、考えてもしかたないし

どうでもいいや!だし

やっぱりつよはかわいい。

 

 

 

 

 

雨降って地固まる。

手に熱湯注いで自分固まる。

 

 

 

 

明日のKinKiコン当落

すっきりした気持ちで待てそうです。

 

 

勝手に好きなって、勝手に愛してるだけ

本来ファンなんて永遠の片思いでいいと思ってる。

わたしが勝手に好きになっただけ。

 

わたしが暗黒の闇の中で泥水啜っていた時にたったひとつ光輝きキラキラとしてとても綺麗なもの。

 

それがアイドルだった。

 

あの時アイドルがわたしを支え、必死に毎日毎日死にたいほどの惨めな生活を生きていたし生きて来た。

 

そして今でもわたしの日々を支えてくれるのはやっぱりアイドルだ。

 

煌びやかステージに立ち、歌い踊る姿を見るだけでわたしは満たされる。救われる。

 

王子様と皇子様の華麗な姿に恍惚する。

 

綺麗な顔が好き。愛らしい顔が好き。

煌びやか衣装が好き。

混ざり合うあの歌声がたまらない。

 

毎日毎晩眺めていたい。

 

永遠に届くことのない片想い。

手を伸ばす先には光を纏う麗しき人。

手を伸ばしても届くことない夢のかたまり。

 

でも、手が届いてほしいわけじゃない。

 

ずっとずっと好きでいさせてほしいだけ。

ずっとずっと眺めていたいだけ。

 

片想いが1番いい。

 

王子様のとなりはお姫様が定番だろうし

ふつうはお姫様に憧れるものだろうけど

わたしはお姫様になんかならなくていいし

なりたくもないの。

 

 

あゝ我が愛しき王子様

 

王子様のとなりは皇子様なの。

そしてふたりで幸せそうに笑い歌っていて。

 

 

わたしはそんな王子様と皇子様に

永遠に恋をしていたいだけ。

 

勝手に愛してるだけ。

 

 

 

 

宝物をあつめて

20周年イヤーを迎えたKinKi Kidsという

煌びやかな世界にはまり込んで早くも4ヶ月。

 

転職した仕事も順調。身体も快調。

KinKi Kidsへのパッションは絶好調、超。

 

もうKinKiパワーのおかげでわたしの日々は

光り輝いています( ´ ▽ ` )

 

今わたしがコツコツやっていることが

KinKiのCDとDVDは買い揃えていくこと。

 

これをわたしは「宝物あつめ」と呼んでいる。

 

関西の重鎮である西川きよし師匠も言うておる。

 

小さなことからコツコツと!

 

もう20年分のDVDとCDを回収するには

長い道のりになる。

 

少しずつ増えていくCDとDVD。

全CDとDVDをまとめて札束で頬をはたく

買い方はできないけど、

 

少しずつ少しずつ宝物を集めるように

幸せをあつめるように買っていくの。

 

毎日毎日頭はKinKi Kidsのことだらけ。

仕事のモチベーションもKinKi Kidsがいるから

ベストパフォーマンスでこなせてる。

 

おかげで上司の評価も高いし!言うことなし

 

仕事の評価査定=お給料だから

KinKi Kidsのためにお金使いたいから

 

仕事頑張ってる。

 

そして宝物あつめをコツコツとやってる。

 

 

毎日KinKi Kidsの為頑張ってる。

 

そして、やっぱり信じるものは救われる。

KinKi Kids教の信者になってよかった

 

宝物あつめな幸せな日々。

 

これからも宝物あつめしながら

応援していきたい。

 

ずっとずっとKinKi Kids

私の神様だから!

 

広告を非表示にする

SPEAK LOWの吐息にやられる。

2017年1月にKinkiという、とんでもない沼にDiveして

2月に乙コンDVDを購入して、オープニングの2人を見たときに

なぜか涙が止まらなかったこと、やめPURE渋滞をリピしまくったこと

MCの長さと客席放置のが本当であったことを確認できたこと等が

記憶に新しいがとうとう、今日私はMコンを手に入れた(*'▽')!

 

もう色々書きたいことは山のようにあるんだが、とりあえず

SPEAK LOWのヤバさがやばい!!

 

もう神様仏様堂島様の作品なので神曲なのは間違いないんだよ。絶対に。

 

ギターを演奏するおつよしちゃんの色気たるもの半端ない。

エフェクターを踏む脚のエロさ!!

そして「生ぬるい乾いたメモリぃぃぃ~~」のおつよしちゃんの歌声

......悶絶

 

 

でも、やっぱりSPEAK LOWの最大のやられポイントは

最後の「SPEAK LOW LOW LOW」のあとの

こーちゃんの”Uh~~”の吐息

 

 

そして、そしてこーちゃんの”Uh~"の時の表情が....たまらなくSexy....

 

 

はっきり言って、

もうイクよね。あなたもわたしもこーちゃんもイクよね。

 (AVならここが抜きどころ!!!)

 

 

 

これは、DVDの前でスタンディングオベーション!!

 

今日だけで何度リピートしてるんだろうってくらい見てる。

今も見てる。

チャプターリピートして見てる...

 

世界は一瞬にして変わる

2017年1月

世界は一瞬にして色を変えた。

それは、新たな夢の世界へといざなう扉がゆっくりと開いた瞬間だった。

 

 もともと、嵐という5人の王子様にどっぷり惚れていた私は、その中でも二宮和也という黄色の王子を愛していた。ただひたすらに愛していた。わたしにジャニーズという夢の世界に連れて来てくれたわたしの初めての男。それがアイドル 嵐 二宮和也だった。

 

わたしは彼のために生きていた。彼がいるからクソみたいな仕事も耐えて、彼に逢いたくてファンクラブにも入会し、アラフェスで初めて彼を見つめたときには涙が止まらなかった。ただ愛するひとが歌い、踊る。その姿を目に焼き付けた。私が出来たことなんて、ジャニーズ特有なうちわを作製し、そこに『和也 大好き』と記し、ただ、あなたを愛してることを伝えるだけ。伝えられるだけで良かった。それだけで良かった。

 

本当に私にとって二宮和也は私の全てだった。

バツイチ独身女の生きる支えだった。

 

2017年だって数年当たってないコンサートチケットを今年は当たりますようにと元旦の氏神さまにも願掛けもした。今年こそはあなたに会えますようにと。

 

しかし、人生とは何が起こるかわからない。

自分の一秒先の未来すらわからない。

 

私が、まさか、KinKi Kidsにはまるとは

私でさえ予想もしていない出来事だった。

 

きっかけはtwitterに流れて来た、元旦のキンキコンのレポ。

立派なバースデーケーキという名のウエディングケーキ。わたしのセンサーが引っかかった。

 

もともとキンキの曲は好きだったし、周りにもKinKi担がいたりしてたから、ちょこちょこは色々知っていた。

ただ、わたしのセンサーが今、引っかかったのだ。

私がtwitterやネットを使い、KinKi Kidsという2人の情報を集め出すのは自然な流れで、ただひたすらにKinKi Kidsを追い始めていた。

タイミングよくKinKi KidsのsongsスピンオフがOAされたので勿論HDD録画+オンタイムで視聴した。

 

わたしのsongsスピンオフを視聴を終えた感想  

『結婚の理想系をKinKi Kidsに見ている』 

 

そこからわたしはKinKi Kidsの情報という名の池の周りを散策し始めた。ちょいと覗いては『うふふ』と笑い、ちょいと覗いては『ぐふふ…』と笑う。なかなか怪しい行動をし始めた。

池を周りをゆっくりと見ていたはずが、早足にスピードが変わる頃、わたしはひとつの楽曲に出会った。

 

 

 

《  薔薇と太陽  》

 

 

 

そこにはもう

シャルドネ片手に全国民に最大級のオスの色気を思う存分振りまきながら華麗に踊る王子と

ギター掻き鳴らしながら華麗にステップを踏み溢れ出すフェロモンをフルスロットル全開でまき散らしている王子がいた。

 

 

私は薔薇と太陽を聴いてしまった。

私は薔薇と太陽を見てしまった。

わたしが va cu van と撃たれた。

 

 

 

語彙力のない私がtwitterに発言したのは

『やばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばい。KinKi Kidsやばい』

 

やばいしか言ってないし、やばいしか言えてない。人間とは肝心なときに言葉が咄嗟にでてこない。

 

池と思い散策していたのは、完全にKinKi Kidsという底の知れない沼だったのだ。

 

そこから私は怒涛の立ち上がりを見せた。

毎日キンキ情報を掻き集め音源を掻き集める。

じっとなんかしてられなかった。

何が身体の中から湧き上がる。

もう身体が勝手に動いてるそんな感じだった。

そして私は1週間後郵便局に走り、払込取扱票のファンクラブ加入名欄にKinKi Kidsと大きく書いて窓口へと持って行った。

 

 

 

世界は一瞬にして色が変わる。

 

 

郵便局の帰り、

世界の色が変わる瞬間を確かに感じていた。